講師プロフィール
 
  
 
講師:澤野 裕一(Evidence Based Training LLC 代表)
 
 
出身:東京都

信条:『必ず効果を上げる』『運動は一生の仕事』
 
ごあいさつ 
 
世界一の長寿国になった日本は世界のどこも経験していない超高齢化社会を迎えています。その一方で益々介護、医療費が増え、その削減は必須課題でもあります。
 
これまでも国民の健康増進を重要視し、健康づくりや疾病予防を推進するために2000年3月31日に国民健康づくり運動として『健康日本21』開始されました。
さらに、2005年の4月には8学会合同でメタボリックシンドロームの診断基準が発表され、翌2006年に生活習慣病を予防、改善するための『運動の指針(エクササイズガイド2006)』が策定されました。

そして2008年より医療保険者に義務付けられた『特定健診・「特定保健指導』が始まり世に’メタボリックシンドローム’という言葉が広がり始めます。

その『特定健診・特定保健指導』は40歳以上の方が年1回受診できます。そしてメタボリックシンドロームと診断された方は特定保健指導を受けられます。

この特定保健指導では栄養の他に運動も指導しており、その指導内容には厚生労働省が策定した『運動の指針(エクササイズガイド2006、2013)』が使われております。この運動の指針で最初に挙げられているのが筋力トレーニングの、しゃがんで立ち上がる、いわゆる『スクワット』です。           

一方、、2007年には日本整形外科学会により『ロコモティブシンドローム(運動器症候群)』といういわゆる足腰の衰えは寝たきりなど活動範囲の縮小につながり様々な疾患を誘因するという概念を発表し、これらを予防するために作られた指針(ロコトレ)でも『スクワット』が挙げられております。

つまり、メタボロコモも予防改善には『スクワット』が有効ということになります。

そして一般の方がこの『スクワット』に代表される筋力トレーニングをする場所はスポーツクラブ・ジムになり、正しい方法を指導するのがトレーナーです。
 
私たちEBTは皆様と共に健康を考え、運動指導を通じて東京の中高年世代の皆様の健康のお役に立ちたいと願っております。
指導プログラムの元は科学的根拠に基づいたエクササイズを効果的に組み合わせたもので、病院での機能回復訓練指導にも使われており、中高齢者の方々の日常的な肩コリ・五十肩・腰痛・膝痛や術後のリハビリを病院で終えられた方を対象としております。 カウンセリングではあなたのお悩みをお聞かせ下さい。                                               30年に亘るのべ4万人以上の指導経験からあきらめていた痛みなど必ず良い方法が見つかるはずです。
                                                            
EBTと共に健康を考えてみませんか。
 
以下、取得資格・免許の※証明書(Evidence)です。
※記録があるもののみ
 
【取得資格】

ACSM/Certified Exercise Physiologist(認定番号2042)(2004.8.1)
【アメリカスポーツ医学会認定 運動生理学者】
 
 
NSCA-Certified Personal Trainer(認定番号44511002J)(2002.10.20)
【全米ストレングス&コンディショニング協会認定 パーソナルトレーナー】

 2014.2.12 NSCAジャパンセミナー

 
 
 
   日本体力医学会認定 健康科学アドバイザー (認定番号393)(2006.9.25)
 
 
・日本体育協会認定 ウェイトリフテイング指導員(認定番号0214967)(2010.10.1)
 
 
【その他運動関連資格
 
 認定試験受験資格確認試験合格証(第21号)(2009.12.7)
 
 
※NR認定試験は医師、看護師、薬剤師、栄養士等が受けることができるサプリメントにも精通した栄養士の一歩先の試験です。 現在では民間が管轄となり、NR・サプリメントアドバイザーという名称に変わり、特定の講習を終了し必要単位を取得すれば誰でも受けられるようになりました。

・PADI認定 OPEN WATER DIVER (1990.4.20)

・日本リフレクソロジー協会認定

プロフェッショナルリフレクソロジスト(認定番号276)(1998.3.31)

・日本コアコンデショニング協会認定

コアコンデショニングパーソナルトレーナー(認定番号P00187) (2006.5.28)

・日本コアコンデショニング協会認定

ベーシックインストラクター(認定番号12050) (2005.12.4)

 

【救急法取得資格】
 
PADI Medic First Aid 認定証(1990.3.23)

日本赤十字社 AED(自動体外式除細動器)救急法受講証(2003.3.25)

・日本体力医学会 スポーツ医学研修会(心肺蘇生法)(2006.9.25)

・日本ライフセービング協会認定CPR(心肺蘇生法)(2008.11.9)

・横浜市消防長 普通救命技能認定(2010.12.11)
 
 
・横浜市消防長 普通救命技能再認定(2013.8.1)
 
 
・横浜市消防長 普通救命技能再認定(2016.8.4)

東京消防庁 消防総監認定 普通救命技能認定(2019.7.13)

【取得免許】
 
・普通自動二輪免許 (1984.4.2)
・大型自動二輪免許
・中型自動車免許 
 
 
  専門分野
 
上記資格・経験に基づき、アスリート、一般的なトレーニングはもちろん、健康に関する身体、栄養のアドバイス及び安全な運動指導により筋肉・筋力のバランスを整え、肩・腰・膝の健康改善、維持及び病院でリハビリを終えられた方のリハビリのお手伝いを得意分野としております。
 

どのようなことでもお気軽にご相談ください。お待ち致しております。 

 
私のトレーニングの原点
 
私の運動に対する思いの原点は小学校の頃にあります。 当時、国から気管支喘息の公害認定を受けていた私は風邪をひくと発作が出て大変苦しい思いをしておりました。  週1回学校を早退しては文京区にある東大病院へ行き、ハウスダストやクラドスポリウムなどのアレルギーの元を6種類ずつ前腕に注射してノギスでその腫れが小さくなっていくのを待ち続けるという(免疫をつくり慣らす)治療を受けていました。  1年ほど続けましたが症状に変化がなかったため、その後進級と同時に千葉県にある寮制の養護学校に転校いたしました。そこでは毎朝上半身裸で約2kmのランニングと乾布摩擦を行い、2年間続けるうちに症状も軽くなっていきました。  その小学校卒業後もしばしば発作は出ておりましたが、走ることが好きになった私は中学・高校と陸上部に所属し意図せずに循環系に負荷をかけ続けました。  そんな運動づけの生活を送っているうちにいつの間にか風邪をひいても発作は起きず、現在はなんともありません。(^^)v 

 
 
営内班にて(
横須賀武山駐屯地) 
                                            
その後体力には自信が持てるほどになり、さらに身体を鍛えるために自衛隊に入隊。体力作りはもとより自衛官として必要な様々な訓練を受けて参りました。現在ではそう多くはないかもしれませんが、当時は様々な企業が新入社員の研修として体験入隊をさせており、体力向上や規律を守った集団行動など社会人としての人間形成に役立っているようでした。
 
 
射撃の訓練-膝撃ち(朝霞駐屯地)
 
そんな自衛隊では体力検定(各種目100点満点の6種目)という学校でいえば体力測定みたいなものがありまして、この結果により1~6級、級外と成績がつけられます。1級は450点以上、以下50点未満毎に級が下がっていきます。変わった種目といえば50kgの土嚢を担ぎ50mを何秒で運搬できるか、さらには4秒に1回の懸垂を何回できるかなどがありました。私は厳しい班長・副班長のもとで体力を向上させ、土嚢運搬は8秒1で84点、懸垂は26回で100点、6種目計504点で1級を取得しバッジ(1級徽章)をつけていました(射撃写真左胸)。また前期教育隊終了時には1大隊約300人強の中から選ばれ大隊長賞も受賞致しました。これらの経験は先頃流行りました”ブートキャンプ”にも通ずるところがあります。(^-^)

 

銃剣道の訓練(二段取得)
          
 
 当時横須賀の武山でお世話になりました、班長の習志野第一空挺団・空挺レンジャーの野口三曹、副班長で同じく空挺の吉永三曹には大変感謝しております。m(__)m 自衛隊最強ともいえる空挺では体力検定3級以上でないと配属されないとのことでしたが、現実では1級が当たり前で1級バッジは『くそバッジ』などと言われているという当時のお話が蘇ります。(^-^) 私のいた第286期には私ともう一人体力検定1級を取得した隊員がおりましたが、第286期にはあいにく空挺の配属枠がなく、私はあの自衛隊体育学校がある埼玉の朝霞駐屯地の部隊に配属となりました。そこでは地雷原をホフク前進して地雷を見つけ出し、TNT爆破薬に雷管を埋め込み、回路構成をして地雷原を誘爆させたり相手の上陸を阻止するため橋などを爆破する訓練や逆に落とされた橋の代わりに川幅にボートを敷きつめ、その上にボーク(鉄板)を固定し戦車を渡す架橋訓練など本当にランボーさながらの訓練をして参
りました。

 
 
北富士演習場での訓練  
 
多くの方々が経験しておられるように運動により体力を向上させることは病気を克服したり、ストレスに強い身体をつくることにつながります。これを私自身も身をもって体験して参りました。そうしたことがきっかけで現在皆様に運動を指導させて頂いております。m(__)m

 

大隊長賞 褒賞状

 
  自衛隊体力検定 1級褒賞状

 
 

銃剣道二段証 
 
指導経験概要 
                                                                   
ここまで読まれた方はハードなトレーニングをイメージされるかも知れませんが、現在は痛みや糖尿病(予備軍)の方の指導を中心としておりますので皆さんにハードなトレーニングを課すわけではございません。世界で最も信頼されている国際的な資格を取得し、それらガイドラインに基づいてその方に適した内容を運動処方しておりますので御安心ください。(^-^) 年齢的には30代から80歳代の方までを指導させていただいており、大半の方は1年以上の長期にわたってご愛顧いただいております。  そんな私の運動指導歴は30年(令和元年現在)になりますが、最初の10年間は主にスポーツ選手の指導に携わって参りました。
 
 

 '98.8ロスにて 高田選手と  

今から30年前の当時はスポーツといえばオリンピックやメジャーリーグに代表されるようにアメリカが強く、そのトレーニング方法の中心としてストレングス(筋力)がより重要という考えが一般的でした。技術を獲得するにはまずストレングスから、というわけです。  私自身も選手と共に強い筋力、心肺持久力、見栄えのする身体、そしてそのスポーツ特有の動きを追及し、ダイナミックに選手が観客を魅了することに意義を感じておりました。  そしてストレングスを重要視したもう一つの理由としてスポーツシーンではここぞという瞬時の場面ではよほど経験、体力、練習量が多くないと練習した技術は生かせない事が多く、どちらかというと技術を超えるパワー(アメリカ的)をつける方が早く確実と思われていたことが挙げられます。

 ’98ロスにて マルコ・ファス選手、ペドロヒーゾ選手らと

 同じく、’98ロスのブラジル料理店にてマルコ・ファス選手と

 しかし、その後の流れはそういった豪快さではなく、ヨーロッパでのサッカーやポロなど技術系スポーツでの機能的なトレーニングが注目されてきております。  私自身も同時期の’97~’98にトレーナーとしての技術や知識の幅を広げるためにリフレクソロジーの勉強をし技術を習得致しました。18年前当時はまだ誰もリフレクソロジーを知りませんでしたが、私はトレーナー業の傍らリフレクソロジーサロン『FROM OTTOMAN』の経営をし、3年間に渡り延べ2,000人以上の施術をさせていただきました。


 ’98.3 RAJA理事長と校長と  
 
その後、公共の施設の総括責任者に就いたのを機に、指導対象を一般の方々に移し、生活習慣病や五十肩・腰痛などの予防改善のための機能回復的な指導が中心となりました。  さらにその後、川崎にあります馬嶋病院でも介護予防の一環として非該当の方から要介護2までの方を対象としたパワーリハビリという機能回復訓練の事業に携わり知識・技術面で経験を積んで参りました。

                            

'05馬嶋病院にて パワーリハビリ指導風景   
 
経験を重ねるにつれて感じることがあります。それはトレーニングというものは独りでは効率よくうまくできるものではないということです。このことはスポーツ選手に限らず一般の方々も同様です。  普段日常生活で当たり前に動かしている自分の手足の動きの癖など、違和感を抱いている方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。  それを客観的な目で見、姿勢、動き、フォーム、関節の角度、筋肉の伸びちぢみ具合など、自分自身の中で必要な気づきを起こさせるにはパーソナルトレーナーは絶好のパートナーといえます。

⇒⇒⇒           
ウィンギングバックエクステンションでの肩甲骨内転の意識を高めるためののフォーム指導

 また、気が乗らない時などもスケジュールに沿って後押ししてくれます。ですから独りでトレーニングするよりも何倍もの効果が出るのです。そして効果が出た時の喜びはご本人だけでなく、パーソナルトレーナーも同じです。  私は一人でも多くの方にその喜びを味わっていただきたいためにこの仕事を選びました。  現在は都内及び横浜近辺のクラブでパーソナルトレーナーとして中高年齢者の元気になるための運動指導やリハビリのお手伝いを中心に活動しております。

                              

 肩峰下インピンジメント(肩関節周囲炎)での他動的な肩の外転・内旋・外旋運動

また、健康に関する講演やACSMやNSCAの資格検定講習会の講師・検定員もおこなっております。

 トレーナー向け実技講習 『ベンチプレス』
 
 トレーナー向け実技講習 『ハングクリーン』
 
トレーナー向け実技講習 『バックスクワット』 
 
専門家向け講演 2011.10.17NSCAカンファレンス 『日常生活とスクワット姿勢のつながり』
 
 一般向け講演 『アンチエイジングについて』

                            

また趣味?として時々ベンチプレスの大会にも出場しています。

ベンチプレスの公式大会での様子
                       
 
 公式ベンチプレス選手権大会出場成績
 
  • 第 1回世田谷区   ベンチプレス選手権大会 優 勝  平成 5年 4月18日
  • 第 2回世田谷区   ベンチプレス選手権大会 優 勝  平成 6年 4日24日
  • 第 7回関   東   ベンチプレス選手権大会 第5位   平成 6年 9月18日
  • 第12回オシュマンズベンチプレスコンテストチャンピオンクラス 第3位                                                                         平成 6年10月16日                       
  • 第 3回世田谷区   ベンチプレス選手権大会 第3位   平成 7年11月19日
  • 第 4回世田谷区   ベンチプレス選手権大会 第2位   平成 8年 4月21日
  • 第 5回世田谷区   ベンチプレス選手権大会 優 勝  平成 9年 4月20日
  • 第10回関   東   ベンチプレス選手権大会 第2位  平成 9年10月 5日
  • 第10回東京都春季  ベンチプレス選手権大会 第4位  平成10年 5月10日
  • 第13回関     東   ベンチプレス選手権大会 第2位  平成12年10月 1日
  • 第 5回4   区   ベンチプレス選手権大会 第3位  平成14年 9月 1日
  • 第15回東京都春季  ベンチプレス選手権大会 第5位    平成15年 5月25日
  • 第 4回東京都秋季 ベンチプレス選手権大会  優勝     平成20年10月12日
  • 第22回東京都春季 ベンチプレス選手権大会 優勝     平成22年  5月16日 
  • 第11回東京都秋季 ベンチプレス選手権大会 第2位  平成24年11月25日
  • 第16回東京都秋季 ベンチプレス選手権大会 優勝   平成30年10月21日 
  • 第19回ジャパンクラシックベンチプレス選手権大会 第12位   
  •                                     平成31年 1月20日
  • 第17回東京都秋季 ベンチプレス選手権大会 第2位  令和元年  9月28日
       若い頃の(いつだったか?)優勝後の1カットと75kg以下級で160kg挙げた証明です。
 
  【自主トレ】
 
皆さんのお手本でいるべく、日々スーパーサイヤ人を目指してトレーニングに励んでおります。結果、今なお自衛隊時代の体力を維持しております。皆さんに指導させていただく手前としてもトレーニングも欠かせません。空き時間に少しづつでも行っております。m(__)m




ボディビルダーではございません。

   『  本物にこだわれ。 』 

 
 
〒105-0003 東京都港区西新橋2-19-4 喜助西新橋ビルB1F
FREE WEIGHT GYM